紙をn等分する方法

折り紙ツール

紙について

神谷氏の作品


北條氏の作品


他に作った作品






  


       日々 折り紙 堂

....................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

       TOPにもどる

日々折り紙堂 BBS

ライオン lion

ライオンキングなどに出て来そうなライオンですねぇ。ホントはもっと仕上げられる

のですがまた撮りなおすのは面倒くさいのでこれで良いでしょう。これは工程で言うと130弱と短いほ

うですが何か異様に長く感じた。何か妙に難しい手順が多かったと思います。途中ずっと立体的なま

ま折り進め、やりにくかったりしたのだが、作品を見るだけじゃそんなことは分からない。たてがみの

角度を調整するのもまた難しい。結局影でごまかすということをする。でもいい訓練になりました。

ちなみにこれは57×57cmで折りました。楮紙です。大きいとふにゃふにゃになるので、せいぜい

30cmぐらいの硬い紙で折ったら良いでしょう。

      製作:pikaru                    創作:神谷哲史

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

スリーショット→

小鳥 Little bird       1匹目

この小鳥は上の作品より随分と写実的です。(あっ、写真がぼけてて分からない?)その辺は

勘弁してください。実はこれは360度閉じた完全立体作品なのです!っと言ってもあまり理解

されにくいです.........そのため途中でも紙を立体的にしたまま折り進めることが多かった用に思

います。なので、ウィザードと同じように、折り図通りに折れば完成すると言うよりも仕上げが

大切な作品です。羽の角度を調整したり、足をもっと細くしたり、そういう作業がなければ完成

しないです。

     製作:pikaru                     創作:神谷哲史

黄色い鳥 The Yellow Bird      右から 1 、 2匹目

こちらの作品はその名のとおり黄色い鳥です。この作品は割りと簡単な方で、工程数も

80と少ないです。難しいところは足のところぐらいです。いっちょまえに指はそれぞれ3本

あります。(いっちょまえ?)どうやら某テレビゲームに出てくる「チョコボ」という鳥をモデル

に作ったそうです。

    製作:pikaru                    創作:神谷哲史


エンシェントドラゴン Ancient Dragon

神谷氏の代表作、エンシェントドラゴン。何とか上手く出来た。1匹は30cm、もう1匹は

72cmで。チビにチャレンジするのもいいけど、迫力のあるのもいいね。力作です。

さておき、折り途中のことなんですけど......................この作品は折ってみないと分かりま

せん!あの一つの折を悩んで成功したとき、挫折しそうなとき、先をみてうんざりして、形

が出来てきてうきうきして、など繰り返して最後の一折りを終えた瞬間はもう最高なんで

すよ!折ってみてください、いや、折れ!    製作途中&他に撮ったエンシェント。

    製作:pikaru                      創作:神谷哲史

ウィザード Wizard  1作品目

神谷哲史作品集の中で最も折り目付けが面倒くさいものの一つである。詳細は話すと

長いので.........例えきれいに折り目を付けられたとしても、最後のローブの広げ方や顔

の表情etc.で失敗すると絶望します.....この写真は手の指と面倒臭い工程を沢山省いて

います。逆に言えば最後の仕上げがよければそれなりにかっこよく見えます。まぁ作る

となると
相当根気が必要ですから神谷氏の作品でよぉーく手を鳴らしておきましょう。

この写真と経験したことのある人が言うので間違いないでしょう..........

    製作:pikaru                       創作:神谷哲史

ペガサス Pegasus   2 , 3匹目

神谷哲史作品集を買ってまず最初に作った作品です。しかしまだ神谷作品の恐ろしさ(笑)

を知らない僕は折り目付けの段階で誤差が出たことをあまり気にせず、折りたたむ段階で

2秒で終わりました。(笑笑)写真左はカラペで折り、右は普通の折り紙用紙です。これでも

本の中ではまだ簡単な方です。まだ。うん、まだ簡単なほう.......
       
         製作:pikaru             創作:神谷哲史

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

馬1.1 horse1.1

たてがみがかっこいいはずのこの馬1.1。僕が折るとなんかたてがみが小さくなりインパクトが

あまり無くなってしまった.........でも..まぁカッコいいということにしましょう。

手を止めてしまうような難しい手順はそう多くありません。全体的なレベルが少し上かな という

具合です。紙にそんな左右されないので、どちらかというと折りやすい作品です。

       製作:pikaru               創作:神谷哲史

by pikaru

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

コエロフィシス Coelophysis      1体目

一見シンプルに見えますが、そんな甘くないんですよ。最初、基本形を折りだしてから、足

が難しいのだ。角度を1/3にしたり、細くするために紙がどんどん分厚くなっていったり。

完成形に辿り着いても2本の細い足で自立するように調整するのも難しいんですよ。

pikaruも撮る角度を斜めにして自立しているように見せかけています。
  
A君  :あれ、画像斜めってるよー
pikaru :斜めっていないと悲しいことになっちゃうから気にしなくていいよ...........
A君   :ふぅーん(といって首を画像と水平になるように傾けている)

     製作:pikaru                  創作:神谷哲史

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

麒麟 Kilin  Quilin  Chinese Unicorn etc.といろいろあります。     2体目

                         これは複雑そうに見えてそうむずかしくはありません。

                         ただ紙の厚みとの格闘が少しあります。頭とか。

                         (だからこれはカラペで作っています。)後は脚の角度を

                         調節するぐらいです。個人的には。ちなみに右写真の左
                     
                         下にいるのは前川氏の「悪魔」です。

                              製作:pikaru      創作:神谷哲史


                         

神谷哲史さんの作品です。最初の折り目を付ける段階で1mmの誤差が出来ると
折りたたむ時にぐちゃぐちゃになったりします。ほかにもわけの分からない折り方
や先を見るだけでうんざりするほどの工程が心をギタギタにしていく......まぁそれだ
からこそあの精密さやかっこよさができるのでしょうね。出来たときのあの達成感
はたまんないんだよねー。

inserted by FC2 system