紙をn等分する方法

折り紙ツール

紙について

神谷氏の作品


北條氏の作品


他に作った作品






  


.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

日々折り紙堂 BBS

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

必須!!

クリップ、磁石

これは、紙が広がらないように留めておくためのものです。磁石も紙を挟むようにして使えば、

おさえられます。どこにでも留められますが、おさえる力は圧倒的にクリップのほうが強いので、

クリップのほうをよく使います。重し代わりとして使えるかな。

(いつの間にかへんな折り目がついていた事件防止)。ちなみに写真のクリップはト音記号とか

ついているけど普通のでいいので。

かなり値は張ったが、もんのすげぇしっかりとした折り筋を付けられる。それと、もんのすげぇ力を入れても折れるような感じもせず、

これで折った折り筋はもんのすげ(以下略)時間がたっても開くこともせず、もんの(以下略)回数使っても質が落ちず、

も(以下略)紙がかさばっているところもラクラク押さえつけることが出来る、m(以下略)代物だということが分かった。こいつを使った

らエンシェントドラゴンもあまり時間がたっても折り目が広がらなかったのであーる。いやー感謝 感謝。

宣伝をします。これは静岡県にある「
ますたけ」で買いました。僕が行ったときにはこれが最後の一個でした。どうやら在庫はいつも少ないようで。

定規(金尺)

30cm、60cm、1mのものです。

もちろんこれは長さを計ったり、直線で切ったりします。長さが3種類あるのは、紙の大きさによって

使い分けるからです。紙の短いほうの辺が60cm以下だと60cm定規で、1m以下だと1m定規で。

30cm定規は切り出すときにはあまり使いません。そして定規には裏に滑り止めがついているのが

いいでしょう。定規がずれなくて良いです(右写真)。

定規は折るときにも使います。特に、折り筋を付けるときです。「点と点を結ぶ折筋をつける」という

のがあります。そういう場合に便利です。30cmの出番は折り筋を付けるときがほとんどですね。



       TOPにもどる

仕上げツール

木工用ボンド

ボンドはすぐ乾き、粘着性が強いです。これを紙のかさばったところや形を維持したい所に

使います。ピンセットやつまようじを使ってください。ただ不器っちょな人は慎重に.........作品の表面などに塗る

と目立ちます。なので、作品の表面に塗ったり、毛羽立ち加工をするのにはCMCを使うといいでしょう。

全体に影響が!何か病気みたいですね。そう。折り紙にとって「ずれ」は病なのです!紙の厚みによるずれは仕方がありませんが、

できるだけ調整していきましょう。(年老いていく時に筋力が弱ったり、関節が弱くなるのは仕方がありませんが、出来るだけ健康を

維持していきましょう。)なんか折り紙って人みたいですね。だから、ピンセット、つまようじは医療機関ですので、有効活用を。

つまようじ君とピンセット君。

画像のピンセットは毛抜きに見えますがちゃんとしたピンセットです。念のため..

これらは細かい角を折るとき、修正に使います。少し角がずれてしまったりしたときに

便利です。でも、角のずれも早期発見が重要です。知らずに放っておいて折り進めていたら



基本的に必要なツールは自分自身(ツール?)なのですが、次に紹介するものを使えばより楽に正確にできます。

折るときのツール

....................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

       日々 折り紙 堂

普通のカッターとロータリーカッターです。

たいていの人は右側のカッターを使っているのではないでしょうか。

左のロータリーカッターは非常に使いやすいです。(宣伝じゃないです(笑))

刃の部分がくるくる回るので無駄な力を使って紙がずれることもありません。

アルミ箔に刃が引っかかったりということもありません。ただ普通のカッター

紙を正方形に裁断するときや、折るとき、そして仕上げるときに使う
折り紙ツールを紹介します。折り紙は折るだけではなく、正方形に切ったり、
針金や糊を使って仕上げるまでが折り紙なんです。
あ、下処理や裏打ちもありますがやったことがないので.....ここには載せまsenn........)

で問題がないのであれば、それを使ってください。

裁断ツール

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

造花用ワイヤー、(針金)画像は少し分かりにくいですが。

これは補強したり、形を整える際に使用します。折り筋に沿って針金を入れ、ボンドや糊でくっつけます。

太さは何種類かあるとよいでしょう。作品の中心の方には太い針金、足先や手先、ツノなどの先端の方

には細いものを入れるとよいと思います。ちょうど僕が100均に行った時に何種類ものワイヤーが

棚をいっぱいにしていたので、普通に買えると思います。









 

これはズバリ、折り紙べらです。 

これは何に使うか。それは折り筋を付けるときです。紙を押さえつける感じで使う。爪を使うときみたいに。

どうやら僕が買ったものは鹿のツノで出来ているらしい。(1280円!)

                  A1カッターマットです。
          
                  切るときに難しいことの一つに、「直角をとる」というのがあります。

                  カッターマットの精度が良くなかったら、上手く切れない

                  ので、粘土板ではなく、ちゃんとした物を使いましょう。

                  そして、もう一つ注意して欲しいのは「紙をしっかりおさえる」です。

紙が最初の位置からずれてしまったら、一からやり直しです。なので、ある程度滑り止めのあるものにします。

もしくは、紙の上に広辞苑や国語辞典でも何でもいいのでおもりを乗せるのもいいでしょう。さらに、1辺が1mを超える

ような紙を切り出す場合もあります。それはA1サイズのカッターマットでは切り出せないので、紙の辺の延長線を作り

切るなどの工夫が必要になります。

inserted by FC2 system